ボイスマルシェマガジン

占いより頼れるカウンセリング相談室-ボイスマルシェマガジン

自分を大切にしていますか?自身が変わるカウンセリング/マザー紫音

      2016/08/21

クローズアップインタビュー VOL.09 ―マザー紫音さん

マザー紫音さん

頑張っているのにうまくいかない。なんだか毎日が楽しくない。
日々の生活の中で、自分を見失っていませんか。

今回は、ボイスマルシェで「メンタルヘルス・心理相談」をテーマに活躍中の、マザー紫音さんにお話を聞きました。マザー紫音さんは、カウンセリング歴24年以上、多くの相談者の自己発見や願望の実現をサポートしてきたベテラン心理カウンセラー。

「自分がどうしたらいいのかわからない」と悩んでいる方には、ぜひ読んで頂きたい内容です。

インタビュー対象:マザー紫音さん(心理カウンセラー)
インタビューと文:ボイスマルシェ編集部(金子)

 

~心理カウンセリングとそのメリットについて~
■ カウンセリング歴24年以上、相談者の求める方向性を導くカウンセリング

マザー紫音さんは、心理カウンセラーを「カンチガイを解き、気づきや発見、方向性を導く人」と言います。セッションでは、相談者の話を聞き、自分が誤解して聞いていないか、相談者のお話を要約して確認します。そうすることで、相談者自身の本心を確認したり、求めているものを明らかにすることにもなります。

「相談者が言った内容を復唱し、『〇〇という意味であっていますか?』と確認すると、『あ、私はこれで悩んでいたんですね!』『スッキリしました!』と、自己解決される方も多いです」とマザー紫音さんは話します。他者の口から自分の言葉を聞くことで、悩みを客観的に見ることができ、自身の気持ちに気付くことができるのですね。

友人や家族への相談は、「あなたはこういう人だから…」と、固定観念にとらわれて意見してしまいがち。逆に、展望の可能性が狭めることもあるのだとか。

ここまで、専門家に話す良さをお伝えしましたが、「相談」にお金を払うのに抵抗があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。それに対し、マザー紫音さんは答えます。

●マザー紫音さん:「買い物やカラオケなどでストレス発散するか、それとも今を変えるためにプロと話すか。
たとえば、一度も富士山に登ったことがない場合、誰にも聞かずにサンダル、軽装で出かけたりしますか?
富士山に登るのに、必要な服装、持ち物準備、5合目ではどこそこを見たら美しいのか、どこで休憩したらよいのか、それは未経験の人でなく何回も行っているプロや経験者に聞くのが一番ですよね。解決したかったら、成功したかったら、その道のプロに話してみるのが一番です。
カウンセリングは悩み解決の選択肢の一つです」

自身の可能性や求める方向性に気づき、これからの人生がより良いものになる。専門家に話すことは「未来の自分への投資」だと、筆者は感じました。

 

~マザー紫音さんに寄せられるご相談について~
■ 母娘、人間関係からお金、恋愛、嫁舅、病気など、相談テーマはさまざま

マザー紫音さんのもとには、恋愛から仕事、生きる意味まで、幅広いテーマのご相談が寄せられます。その多くが、自分を大事にしていないことによるものだとか。

●マザー紫音さん:「根本に、『自分を大事にするということがわからないまま頑張ってしまった』
『自分を大事にするってどうしたらいいかわからない』
『他人優先で、自分をないがしろにしてきてしまった』ことが大きな影響を与えている場合があります。また、自分でも知らずに築いてしまっていた子どもの頃の罪悪感、この罪悪感があると、なかなか思う存分の幸せを味わえなかったりします」

「あなたは自分のことを大切にしていますか?」というマザー紫音さんの問いかけに、筆者も言葉を詰まらせました。私たちは、思っている以上に自分のことを大事にできていないのかもしれません。

また、相談者は大きく分けて2つのタイプがあると、マザー紫音さんは言います。
一つは、ただ話したい、ただ話を聞いてほしい人。このタイプは、自分の辛い気持ちを話すことで気持ちが晴れ、スッキリするそうです。

もう一つは解決方法を知って改善したい人。このタイプの方には、本人の気持ちを尊重したうえで、具体的なアドバイスも交えてお話しするそうです。悩みが深く、1回のセッションですべてを伝えきれないときは、全体の概略のみを伝える場合も。「もっとお話しを聞きたい!」と何度もセッションを受けられる方もいらっしゃるそうです。

 

~女性たちへのメッセージ~
■ その悩みはあなただけじゃない、今を変える窓口があります

悩める女性たちへ、マザー紫音さんからメッセージをいただきました。

●マザー紫音さん:「『あなたは、どこに向かって、何をしたいのでしょう?』
目的地を指定せずに電車の切符は買えません。あなたの人生、あなたがどのように生きたい、何をしたいのか。そのために何をどうしたいのか。本当の自分の声を聴いてみましょう。
外側ではなく、あなたの中に求める答えがあるのではないでしょうか?

そして、『決める』ことです。
人間がなかなか決められないのは、『明日でもいいや、明日考えよ、明日からやろう』と、今日と同じ日が明日も来年も5年後も、同じような毎日があると思ってしまうからです。
でも、それは大きな間違いです。
もし10年後のあなたが、今のあなたを見たらなんてアドバイスするでしょうか?

また、覚えていてほしいのは、あなたと同じ悩みを持つ人がたくさんいるということ。
そして、あなたの話を聞く、悩み解決をサポートする、今を変える窓口があるということ。
それを使わないのはもったいないと思いませんか。困ったら、プロに相談してみるのもひとつの方法です」

私たちは、つらいとき、課題にぶつかったとき、自分の殻に閉じこもりがちです。そんな時は、同じ悩みを持つ人がいること、そして、その悩みを解決に導くプロがいるということを、思い出していただければと思います。

マザー紫音さんに限らず、ボイスマルシェには専門カウンセラーが400名以上。それぞれが強みや得意テーマをもって、日々お客様からのご相談にのっています。電話カウンセリングなので、日本全国どこからでも、好きな時間に。当日予約も可能です。完全匿名。お客様の秘密はお守りします。

【今回、登場いただいた専門カウンセラー】
マザー紫音さん/心理カウンセラー/得意テーマ「メンタルヘルス・心理相談」
カウンセリング歴24年以上、セラピストも訪れる心理カウンセラー。相談者の求める方向性を明らかにし、そこへ向かうためのカウンセリングセッションをボイスマルシェで実施しています。
マザー紫音さんの個別カウンセリング予約はこちらから。

→  「インタビュー」一覧へ
→ ボイスマルシェ公式サイトへ

【ボイスマルシェなら、当日予約が可能です。通話料無料】
メンタルヘルス・心理相談
心理カウンセラー

300x250

 - インタビュー ,